産後の乾燥肌。かゆい場合は?

妊娠前は、オイリー肌やオイリー&ドライの混合肌だった方でも、産後は肌の乾燥に悩む方が増えるようです。これは、妊娠・出産を経て、肌と大きく関わりのある女性ホルモンのバランスに変化が起こるため。今回は、そんな産後の乾燥肌に悩む方のための対処法について詳しくご紹介します。

女性の場合、生理前になると吹き出物や皮脂の分泌量が増えたり、生理後になると肌の潤いが戻ったりと、女性ホルモンが肌に影響を与えているということを実感する機会は多いですよね。

妊娠・出産にも女性ホルモンは大きな役割を果たしており、産後はこの女性ホルモンの分泌量が減少するために、肌の乾燥を引き起こすことが多いと言われています。

肌が乾燥すると、痒みを伴うことも少なくないですが、これは肌の乾燥によってバリア機能が低下し、外からの刺激に対して敏感になっているからです。

軽いかゆみを伴う乾燥の場合、肌本来の保水力を高めるセラミドが配合された敏感肌用化粧品を使って、丁寧にスキンケアを行うことで、かゆみの軽減が期待できます。セラミドの中でも、浸透力に優れたヒト型ナノセラミドであれば、長時間潤いをキープすることが可能なので、乾燥によるかゆみにお悩みの方は、ぜひヒト型ナノセラミドが配合された化粧品を試してみてくださいね。

また、肌表面を覆ってバリア形成してくれるヴァイタサイクルヴェールが配合されている化粧品も、乾燥を改善するのに役立つと言われています。産後は、これまで使っていた化粧品を見直し、今の自分の肌質に合った化粧品を使うようにするといいでしょう。

強いかゆみを伴い、炎症や赤みがひどくなってしまった場合は、自己判断をせず、早めに皮膚科を受診して、医師の診断をあおぐようにしましょう。産後は何かと赤ちゃん優先になってしまいがちですが、今どんなスキンケアをしているかで将来の肌が変わってきます。自分の肌にも少し手をかけてあげて、いつまでも若々しい肌を目指していきましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ