産後、肌がヒリヒリとするようになった場合

女性ホルモンのバランスが変化したり、慣れない授乳やおむつ替えで睡眠不足になったりと、産後は何かと肌に負担がかかりがちです。特に、初めての出産の後は肌が急に敏感になり、それまで使っていた化粧品をつけると刺激を感じてヒリヒリしてしまうという方も多いようです。

今回は、産後、肌がヒリヒリとするようになった場合の化粧品の選び方について詳しくご紹介します。

高機能タイプの基礎化粧品はヒリヒリの原因に

妊娠前は、化粧品のパッケージや香り、テクスチャーなどから好みのものを選んでいたという方も多いのではないでしょうか?確かに、最先端の機能を兼ね備えた海外ブランドの化粧品や、ラグジュアリーなパッケージが魅力的な化粧品などを使うと、気持ちが高まりますよね。

でも、産後は美肌キープに欠かせない女性ホルモン、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が減少するため、肌が乾燥してバリア機能が低下しやすくなっています。この状態でいつもの化粧品を使ってしまうと、肌が外からの刺激に敏感に反応して、ヒリヒリとした痛みを伴う炎症が起きてしまったりと肌トラブルの原因になってしまうのです。

だったら何もつけなればいいと、スキンケアを全てやめてしまう方もいるようですが、これは逆効果。何もつけないことで、肌の乾燥がどんどん進み、更に敏感になるという悪循環に陥ってしまいます。

この場合に大切なことは、肌の乾燥をなるべく早く解消すること。肌の乾燥が解消されれば、バリア機能も徐々に回復していきます。産後の敏感肌には、敏感肌用化粧品を使って、丁寧にケアをしていくことを心がけましょう。

ヒリヒリ肌には必ず「敏感肌用化粧品」でお手入れしましょう。

敏感肌用化粧品の中でも、高い浸透力を持ち、長時間潤いをキープすることができるヒト型ナノセラミドが配合されたものがおすすめです。

通常のセラミドは肌表面の留まってしまいますが、ヒト型ナノセラミドであれば角層にしっかりと浸透して肌本来の保水機能を高めてくれます。
ヒト型ナノセラミドが配合された敏感肌用化粧品で、産後の肌のヒリヒリを解消していきましょう!

サブコンテンツ

このページの先頭へ